2020.4.20

プロアスリートの向上心に工夫で懸命に対応中です!

06C17606-3DDA-47AC-B645-56ED882EE9E0このような情勢なので、アスリートのスケジュールも明確になることはありません。しかしながら、その不明確なスケジュールが選手たちに猶予を与え予定されている試合の時期に向けた努力を中断しても良いということには決してならないので、彼らはいつ次のチャンスが来てもいいように、そしてこの緊急事態宣言発令中でも可能な限りの成長を遂げられるように、日々懸命に戦う準備をしています。

本日、7月に試合予定のファイターのプログラムを作成しました。
先週は彼の現状を把握するために指導時間を費やし、今週からは先週得た情報をもとに作成したプログラムに沿ってトレーニングが始まります。
週2回のウェイトトレーニングに加え、週1回はスピード&コンディショニングトレーニングを屋外にて行います。

プログラムの作成に際しては、まず予定されている試合までの期間を明確に把握して、試合から逆算しながらトレーニングプログラム上の変数を定めていきます。つまりは骨格作りです。その後、その骨格の肉付けとして、先週確認した選手の長所と短所を考慮に入れた運動選択をし、変数に沿って最初の4週間のプログラムを組み立てていくのです。
次回のプログラムを作成する際は、今回のプログラムの進行具合や選手の成長度合いを加味し、より効果の高いプログラムを作成していくので、今回のプログラム実行中も、以降のスケジューリングを強く思慮に入れながら指導にあたります。

どれだけの工夫をして、どれだけ質の高い指導を提供できたとしても、選手たちに勝利を保証することは残念ながらできません。だからこそ、S&C指導者も一切の妥協をせず、可能な限り洗練されたトレーニングプログラムを作成し指導に挑みます。

試合結果で人生が左右されるプロアスリートが現役でいる限り、彼らが心から休息できる時間などありません。そして心身の鍛錬が仕事である彼らの“業務時間”を可能な限り効率的かつ効果的にできるか否かは、S&C指導者の仕事の質に大きくかかっています。

GS Performanceはアスリートのために仕事に励みます。
当然ながら健康第一です。同時に選手たちには無駄な時間・体力・お金は絶対に浪費させません!

<

CONTACT

GS Performance
〒135-0034 
東京都江東区永代2-28-3
Email: info@gsperformance.tokyo
TEL: 03-5809-8148
お問い合わせフォームはこちら