2018.7.13

グルートハムセミナー参加者の声

13ED57A5-E843-4613-B062-989CC8F2F375

グルートハムマシンという、一種独特な運動器具が米国のS&Cコーチには多く愛用されています。ハムストリングの筋力の向上は肉離れ防止に大いに役立つという見解や、ポステリオール・チェーン筋肉群の筋力向上がスポーツパフォーマンス向上に役立つ等々、多くの利点をアスリートにもたらす潜在能力を持った器具だからです。

ただ、多くのコーチたちは「ほかの施設にもあったし、みんなが使ってる有効なはずの器具だから…」という理由で取り入れてはいますが、明確に適切な利用方法を理解したうえで選手たちのプログラムに入れている人材は少ないように感じていました。

日本国内においては未だあまり見かけない器具です。最近はクロスフィット人気の影響を受けて類似品の普及は目にするのですが、グルートハムマシンの名前の由来にもなっている”グルートハムレイズ”という運動を適切に行うには欠陥点のあるマシンを多く見る現状となったので、やはり、多くの方が使い方を理解しないままの普及なのだという感想を持っています。

そこで、グルートハムレイズだけでなく、この器具を使って実施できる運動を正しく世に広めたい、という希望を持ち、今回のセミナーを企画しました。

参加された方の中から4名の方に感想をいただいたので、それをここで紹介します。

 

 

U.M.さん
普段からグルートハムを使ってのトレーニングを入れていましたが、明確とした実施方法等が不明なままでした。そこで、今回不明な点を取り除くために受講しました。
受講してみて、マシンの設定方法にも明確とした理由があり”なぜこの設定じゃないとダメなのか”を知る事が出来ました。
実際、運動をしてみると狙った筋群を意識して使う事の難しさ、普段のグルートハムとは違った刺激を臀部とハムストリングスに受けました。また、設定方法で強度を変えられ、各個人に合った方法も知る事が出来ました。
グルートハムとは別の運動の指導の中では、弱いところがあるとどの様な代償が見られるかという事も知る事ができ、改めて自分の弱点を知る事ができました。簡単な運動だからこそ、見える弱点がありその弱点に対してのアプローチの仕方を体感することが出来ました。
実質1時間のセミナーで料金もリーズナブルなのに対してそれ以上の物を得られました。
おススメするセミナーの1つです。

A.S.さん
以前受講させていただいた他のセミナーでもそうでしたが、マシンの設定方法や動作など、細部にわたって「why?」の部分の明確な説明があり、今まで自分が行なってきた(クライアントに実施させていた)設定方法や動作を見直す有意義な時間でした。
今回セミナーで使用したマシンと同様の設備はなかなかないので、全く同じ方法でプログラムに組み込むのは難しいかもしれませんが、知識として引き出しに持っておくべき内容だと思いました。
進行方法に関してですが、加賀さんからただ説明を受けるだけでなく、受講者が「why?」を考える時間を設けて下さったのはありがたかったです。

S.K.さん
今回のセミナーでグルートハムマシンを使った種目が「なぜこのフォームなのか」を理論立てて説明していただき、自身の体でも経験させていただきました。
私の活動する施設では多少マシンの形状が変わるのですが、フォームを形成する根本的な部分を教えていただいたので、自身で実践しつつ応用していこうと思います。
また、今回のセミナーで非常に勉強になったことは、加賀さんが他の受講生の方を指導する現場を目の前で見れたことです。
加賀さんが指導している間、頭の中で「自分ならこういうキューイングを出すな」と考えながら見させていただいていたのですが、加賀さんはさらに細かくエラー動作を見つけ、キューイングを出すことで受講生の方に「適切な」無理をしてもらっていました。「そこを見てるのか」「そんなキューングもあるのか」という発見が多くあり、確かにそのキューイングなら無理するしかなくなるなと大変勉強になりました。
限られた時間の中で、お客様により効果的なトレーニングを提供するために、「動作を見る目」「キューイングの質」をもっともっと鍛えていかなくてはいけないと感じさせられました。
1時間という短い時間でしたが、内容の濃いセミナーを提供していただき、ありがとうございました。

S.S.さん
Glute-Hamマシンは多くのフィットネスクラブに導入されているマシンです。しかし、HyperやReverse Hyperは動作が比較的単純ということもあってか、設定方法など細やかに指導されていないのが現状だと思います。今回のセミナーでは、種目ごとの設定方法から動作中に確認するべきポイントなどを指導していただき、Glute-Hamマシンへの理解が深まりました。また、他者のトレーニングしている姿を見ることや、指導されているポイントを聞くことで、加賀さんが指導者としてどのような点を見ているのかを感じることができるのも参考になりました。
今回のような、数種類の運動に焦点を当てたセミナーは参加しやすく、また同様のセミナーがあれば参加させていただきたいと思います。

 

受講していただいた結果、「受けてよかった!」「得をした!」という感想を持っていただけるのは、非常に光栄ですし、そのような感想を持っていただけるような、”現場のニーズに合った”セミナーを企画し、指導内容も可能な限り現実的な内容にすることこそ、GS Performanceが行うべきセミナーだと認識しています。
今後もGS Performanceでは、指導者・受講者両方向の自慰行為として完結しないセミナー、受講者の指導対象者の真の役に立つセミナー、”お値段以上”のセミナー、を企画・開催していきます!
<

CONTACT

GS Performance
〒135-0034 
東京都江東区永代2-28-3
Email: info@gsperformance.tokyo
TEL: 03-5809-8148
お問い合わせフォームはこちら